リンパマッサージの効果と正しい方法

正しいマッサージの方法を知ろう

>

顔や足のリンパマッサージ

リラックスしながら行う

顔のリンパマッサージは、3回のステップに分かれています。
まずは鎖骨にあるリンパ節を押して、リンパの流れを良くしましょう。
これは、10回から20回ほど繰り返します。
それが終わったら顎の下や耳の後ろ、こめかみのリンパを押し流していきます。
こちらも10回から20回ほど行いますが、痛みを感じた場合はそれよりも少ない回数で構いません。

多い回数を行っても、効果をより大きくすることはできないので回数を守りましょう。
最後に10秒から20秒ほど、中心から外側に向かうように顔を撫でてリンパを流して終わります。
お風呂に入っている時は身体が温まっており、リンパの流れを改善しやすいのでおすすめのタイミングだと言われています。

適切な力加減を意識しよう

足のマッサージは、まず太ももの付け根を10回から20回押し込みます。
次に太ももを下から上にすくうようにして、マッサージを行ってください。
最後は、ふくらはぎをマッサージしていきます。
膝の裏を数回押した後に、ふくらはぎ全体を上に向かって押し流して終了です。
ふくらはぎは膝の裏にリンパ節があるので、そこを中心にマッサージしてください。

正しくリンパマッサージをするコツは、適切な力加減にすることです。
痛みを感じる場合は、力が強すぎるので少し弱めてください。
ですが弱すぎる力でも効果が半減してしまうので、自分で適切な力加減を見極めることが重要です。
弱い力から始めて、少しずつ力を強めると最適な力加減がわかると思います。


TOPへ戻る